非磁性超硬度金属材料 MP35N,エルジロイ
高硬度(時効処理)により硬度はHV700以上でチタン並みの耐食性を併せ持つパイプ!
超高弾性で機械的強度が高く、非磁性で耐久性、耐熱性に優れ、引張り応力・降伏力などの卓越した強度に特長があります。硫化物、高温酸化、水素脆性にも強く、耐蝕性に優れた材料です。
また熱処理(時効処理)により硬度はHV700以上です。
繰り返しに対する疲労強度が高いので疲労破壊に強い材料です。(詳しくはお問い合わせください)

機械的特性比較表(参考値)

材料 引っ張り強さ(Mpa) 耐久力(Mpa) 伸び(%) 硬さ(Hv)
MP35N,エルジロイ 2940 5684 3 700
βチタン 1200 1100 10 400
チタン合金(6AL-4V) 980 921 14 320
純チタン(2種) 510 215 23 160
ステンレス(SUS304) 655 260 56.9 187

製品紹介

 

小径パイプ製造

 

  • MP35N,エルジロイ(右の写真はφ0.8×φ0.2のMP35N,エルジロイ)
  • βチタン(DAT51,15-5-3,15-3-3-3)
  • 64チタン・純チタン
  • ハステロイ・マグネシウム・SUS304、SUS316L、SUS630 他

内径φ0.1以上のパイプが製造可能です。

パイプ内径研磨

 

内径φ0.2以上のパイプが研磨可能です

溶接

 

  • レーザー溶接
  • ロー付け溶接

微細加工

 

  • 切削
  • ワイヤーカット

爪楊枝より小さい部品の加工が可能です。

3Dプリンター

 

  • 3Dプリンター一体造形 + 研磨(チタン製)ハンドル部が可動します
  • 3Dプリンター造形(チタン製)電解研磨及び陽極酸化
  • 3D一体造形(SUS)可動します。

3Dプリンターは、今まで不可能とされていた構造を可能にします。

レーザー加工

 

  • 一方方向にしか曲がらないパイプ
  • ねじる事により曲がりを調整出来るパイプ

レーザーで精密な切り込みなどの加工を施す事によって、全く新しい特性を持たす事が出来ます。

小径センタレス

小径センタレス φ0.1以上のセンタレスが加工(±0.005)

スェージング

スウェージング加工(回転冷間鍛造加工)とは、”ダイス”と呼ばれる分割された工具を回転させ、母材を叩きながら伸ばしていく加工のことです。
金属を削らずに叩き伸ばすので、切削加工にて同形状の製品を製造する場合と比較して、母材が少量ですむため材料費を削減することができます。
また、加工中の切削クズもほとんどありません。

3Dプリンターイヤフォン(加工提案)

  • 3Dプリンターならではの一体成型がシンプルな構造を実現し、すばらしい音の再現が可能になりました。

複数の企業から高度な技術を集結して創られた商品です

ノズル

段付け加工、針先加工、レーザー溶接、内径研磨等
(SUS、チタン、MP35N等)

プルワイヤー

カテーテル内部に挿入し先端部分を引っ張る極細ワイヤーです。
先端にニッケルメッキを施し段差を付け引っ張る構造になっておりレーザー溶接などの熱影響による引張強度の低下を防ぎます。(現在特許出願中)
材質はSUS304、SUS316線径は0.1以上から